2006年07月03日

松嶋菜々子のななこなでしこ

芸能人には「ブレイクの瞬間」というのがあります。
ある時期を境に、一気に知名度や人気が上がるときがあるのです。

松嶋菜々子のブレイクの瞬間は、マックスファクターの「ななこなでしこ」のCMが流れたときでした。
それまでにもNHKの朝ドラ「ひまわり」などのドラマやCMに出演していましたが、このときほどはっきりと彼女のキャラクターを打ち出したことはなかったと思います。
「ななこなでしこ」は化粧品のキャッチコピーである以上に、女優・松嶋菜々子にとって最高のキャッチコピーとなったのでした。

松嶋菜々子といえば「とんねるずのみなさんのおかげです」のナナ隊員として相当なヨゴレ仕事をこなしたわけですが(「オナラじゃないのよ。空気が入っただけ」とかいうやつですね)、放送コードに引っかかりそうなセリフを恥らうことなく堂々と言ってのけたプロ根性には並々ならぬものがありました。
演技の上手い下手ではなく、当時から「演じる」才能があったことは確かなようです。


記者会見などでもにこやかな表情を決して崩さず、ボロを出さない彼女ですが、ニンテンドーDSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」や「New スーパーマリオブラザーズ」のCMはちょっと見ていてヒヤヒヤします。
「子供のようにはしゃぐ自然体な松嶋菜々子」という設定自体、非常に危険度が高いからです。

子供のように無邪気にはしゃぎながらも一定の線は越えない松嶋菜々子。
しかしその踏みとどまり方はかなりギリギリです。
これは松嶋菜々子本人の問題というより、CMの作り手の問題かもしれません。
「松嶋菜々子とDS」という取り合わせの意外性だけで押そうとしたことに無理があったと思います。


とはいえ、結婚・出産を経てもいまだ安泰の彼女。
今のところ特に競合相手も見当たりませんし、休んでいたぶん価値が上がった感じさえします。
心配なのはビジュアル面の劣化と夫くらいでしょうか。
個人的には、家の中でどういう会話をしているのか想像がつかない夫婦1です。


言いたいこともいえないこんな世の中じゃ…
POISON−movie mix
POISON

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

2006年07月02日

仲間由紀恵はアレが下手だった

NHK大河ドラマ「功名が辻」、出足は低調でしたが、最近はコンスタントに20%超えてるようですね。
妻がヘソクリで馬を買ったというエピソードしかない山内一豊でどうやって1年持たせるのかと心配していましたが、なかなか好調なようで何よりです。

しかしこのドラマ、よくわからないんですよね。
最初のうちは結構シリアスに進行していて、上川隆也扮する一豊と仲間由紀恵扮する千代は惹かれあいながらも敵味方に分かれているという設定でした。
が、一豊が千代を救うため決死の覚悟で落城寸前の城の中に入っていったはずなのにいとも簡単に見つけ出したり、後ろで火がボーボー燃えてるのに千代の養父母に結婚の承諾をもらったり(そんなことしてる場合か)、「??」と思う点が多数。
しかもその後、千代が結婚初日の朝から寝坊して「いっけなーい!」みたいなお気楽ホームドラマになってしまい、ますます「???」となる一方です。

しかし、功名が辻を欠かさず見ているお年寄りの話では、「最後には出世していい話で終わるとわかってるから安心して見られる。だから好き」ということでした。
そういう考え方もあるのかと感心させられましたが、まあ大河ドラマというよりは昼の連ドラと思って見た方がいいかもしれませんね。

さて、その千代役の仲間由紀恵。
最近では数少ない清楚さを持つ女優です。
そんな彼女に、衝撃の事実が!


仲間由紀恵/digi+KISHIN DVD


実は彼女、アレが下手だったのです。
ちなみに「歌」ではありません。(歌もかなりアレですが)

それではこちらをご覧下さい。
初めて見たときはちょっと驚きました。
こんなに「字」が下手だったとは…。

しかし、美人で清楚で字がヘタ、というのはなかなか人間味があっていいですね。
と、一応フォローしてみました。


司馬遼太郎の原作はこちらです。

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

2006年07月01日

中野美奈子がアイドルアナである理由

フジテレビの中野美奈子アナ。
可愛いですね。
しかし、彼女がアイドルアナである所以はその容姿ではありません。

何年か前、「めざましテレビ」一行が「さんまのまんま」に出演したことがありました。
そのとき、「見かけによらず気が強い」というキャラクターを打ち出していた中野美奈子は、明石家さんまに向かってこう言いました。

「さんまさん、私みたいなタイプ嫌いですよね?」

これ、かなりすごいセリフです。
自分に相当な自信がなければ出てきませんよ。
好き嫌い以前に、「おまえのタイプなんか知るか」と切り捨てられることなどまったく想定していないのです。
ましてやテレビ局の社員が自局の番組中に発する言葉ではありませんね。

中野美奈子はアナウンサーとしては致命的に滑舌が悪いです。
特にナ行の発音はひどいです。
悪声の小林麻耶でさえどうにかアナウンサーらしくなっているのに、いつまでたってもちゃんと原稿が読めない中野美奈子。
フジテレビのアナウンス室はどういう指導をしているのでしょうか。
いまだにバブルをひきずっているフジテレビは、女子アナを子飼いのタレント程度にしか考えていないフシがありますから、ニュースが読めなくてもバラエティで使い捨てすればいいとでも思っているのかもしれません。

中野美奈子はよく高島彩と一緒に名前を出されますが、この二人は違います。
高島彩の自意識が一応は「アナウンサー」にあるのに対し、中野美奈子の自意識は「アイドル」にあるのです。
マジックマッシュルーム伊藤英明との交際、SMAP中居正広とのプリクラキス写真流出など、出てくるスキャンダルもアナウンサーではなくタレントのそれです。

この人は多分アナウンサーという職業には何の未練もなく、機会があればフリーになろうと目論んでいるのではないでしょうか。
しかし機転が利くわけでも、バラエティ的に使えるわけでもない中野美奈子。
「アイドルアナ」から「アナ」の肩書きが外れたら、芸能界に彼女の居場所はない気がします。


高島彩も十分タレントですけどね。
君の好きなヒト

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。