2006年06月20日

よくわかる解説「光市母子殺人事件・最高裁が高裁への差し戻し判決」

山口県光市の母子殺人事件の最高裁判決。
無期懲役の二審判決を破棄し、広島高裁への差し戻しが言い渡されました。

差し戻しと聞くと「死刑じゃないの?」と思いますが、これは実質死刑と考えていいと思います。
今までに無期懲役を破棄した最高裁判例は2件しかありません。(福山独居女性殺害事件・永山事件)
いずれの場合も原判決を破棄差し戻しされ、原審で死刑判決が言い渡されています。

今回のケースも、無期判決を根拠付けるような新たな情状事実が生じない限り、高裁にて死刑判決が言い渡されるものと思われます。
その後最高裁への上告棄却→死刑確定、という流れになるでしょう。

最高裁が原審の無期懲役判決を破棄し、自判(この場合は死刑判決を出すこと)した前例はありません。
その理由としては、死刑か無期懲役かという重大判決であることから、被告人に不利な内容の自判を避け、原審に差し戻して更に慎重な審理を尽くさせるためとされています。

というわけで、今回の破棄差し戻し=実質死刑確定、と考えられます。
「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」
などという弁護ではまず無理でしょうね。

問題は、死刑と無期懲役との間に天と地ほどの差があるということです。
無期と言いながらも実際は10数年で出てこられるのですから…。
日本でも死刑廃止論がありますが、それにはまず終身刑の導入が不可欠だと思います。

今回はちょっと真面目なお話でした。

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。