2006年06月22日

荒川静香はいつまで搾取され続けるのか

荒川静香、今度は資生堂シャンプー「TSUBAKI」のCMに出演だそうです。
しかも水着で。(画像はこちら

「セクシー静香!」って書いてありますけど、ちょっと違うような…。
筋肉質だし、むしろセクシーとは真逆だと思いますけどね。
そもそも荒川静香はまったく色気を感じさせない人ですから、セクシーな水着を着ても妙に堅いというか、小学校の先生のプライベートショットみたいです。

しかしこの人も仕事を選ばない人ですね。
TSUBAKIはともかく、水着は断ってもよかったんじゃないでしょうか。
 
荒川静香はあまりテレビ向きではないと思います。(村主史枝よりはマシですが)
どんなに実績のあるスポーツ選手でも、テレビに出てしまうとタレントと同列。
どんどん自分を売り込んでサービスしていかなければなりません。
しかし彼女はそれほど器用でもなく、タレントとして媚びることもできそうにない感じです。

金メダリストということでゲタをはかせてもらえるうちはいいですが、お客様でいられる期間はわずか。
というかすでに飽きられてきていると思うのですが。
荒川静香は高橋尚子とは違います。
もしプロに転向せずに競技を続けていたとして、次回オリンピックの選考に落ちても、高橋尚子のときのような騒ぎになったかは疑問です。

荒川静香に罪はありません。
彼女は立派なフィギュアスケーターです。
しかしこのままテレビ界に食い物にされていては、彼女自身のブランドイメージに傷がつきかねません。
はっきり言って、世間が彼女に求めているのは「イナバウアー」だけ。
アホみたいに荒川静香を使い続ける業界は、彼女の商品価値を今一度冷静に認識し直してほしいものです。


「TSUBAKI」は「スーパーマイルド」以来の大ヒットだそうです。
【ポイント5倍】TSUBAKI(ツバキ) シャンプー550ml
【ポイント5倍】TSUBAKI(ツバキ) シャンプー550ml

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。