2006年06月23日

日本サッカーの夜明け前

ワールドカップドイツ大会1次リーグ敗退が決まり、テレビ界全体のテンションがぐっと下がってしまいましたね。

W杯でいつも思うのは、マスコミというのはやろうと思えば何だってできるんだなということです。
その気になればカバディを国民的スポーツに押し上げることだってできるでしょう。

しかし、マスコミの大本営発表に日本の実力が追いついていないのです。
ユニフォームまで「サムライブルー」などとそれらしくネーミングし、朝から晩まで特集を組み、いかにも強豪チームであるかのような印象を与えても、いかんせん結果が伴いません。
まあ今回のW杯出場だけで経済効果が4800億円だそうですから、勝とうが負けようがホクホクしてる人はいるでしょうけどね。

残念ながら、日本がまだ圧倒的に実力不足であることは否めない事実です。何といっても日本ではサッカーというスポーツの歴史がまだまだ浅いのです。
逆に、それにしてはよくやっていると言ってもいいのではないでしょうか。あまり高望みをするのは酷というものです。

カズがブラジルに行った頃は、日本がワールドカップに出場するなんて考えられもしませんでした。
その後プロ化し、野球とは違う洗練されたイメージ戦略で若者を取り込み、国民的人気スポーツになったサッカー。
スポーツがあからさまにビジネスにされてしまったことには抵抗もありますが、それがなければサッカーというスポーツがここまで急速に浸透することもなかったわけで、必要悪とも言えるかもしれません。

日本サッカーはまだ黎明期。
しかし着実にその裾野は広がっています。
数年後、数十年後、今のサッカー少年たちが大人になる頃には、真の国民的スポーツになっていることをぜひ期待したいものです。


「2010年、それじゃあね」キングカズの挑戦は続く
蹴音(けりおと)
蹴音(けりおと)

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。