2006年06月26日

「宮崎あおい語録」はなぜ生まれたか

2005年の「ファイト!」に続き、初回視聴率が史上2番目に低かったNHK朝ドラ「純情きらり」。
心配なスタートとなりましたが、最近ではずいぶん持ち直してきているようです。
(あらすじは公式HPへ)

このドラマのヒロインとして、約40年ぶりにオーディションなしで選ばれたのが宮崎あおいです。
この人は特別美人というわけではないのですが、独特の可愛らしい雰囲気を持っていますね。

そんな宮崎あおいに、こんな語録があるというのです。


「アイドルなんかなりたくなかったし」

「中学のときにアイドルやってて、その時握手会(笑)っていうのがあって、なんかブサイクな40代のおっさんと握手しないといけなくて、すっごい嫌だった(笑)」

「ああいうキモイ人見てると、彼女作ればいいのにって思ってた(笑)
できないから中学生の女に金払って手を握ってもらうんだろうけど(爆)」

「でもさ、手を握るまでしかできないんだな、この人たちって思うと、逆にすごい哀れに見えて(笑)
そう思えるなんて私もひとつ成長できたかなって思ったんです」


ファンが見たら卒倒しそうな内容ですが、これは多分ガセネタでしょう。
アイドルにこうしたガセネタはつきものですが、これが「宮崎あおい語録」であることが興味深いです。
たとえば「藤本美貴語録」「矢口真里語録」なら意外性もないですし、「堀北真希語録」だとウソっぽい感じがします。
「宮崎あおい」というところが、「これってホント?」とつい思わせるナイス人選ですね。

この語録、ネタ元は元祖電脳アイドル・千葉麗子ではないかと踏んでいるのですがどうでしょう。
「握手会の後はすぐ手を洗う。何がついてるかわからないから」みたいなことをはっきり言ってました。
ファンにしてみればショックでしょうが、アイドルはみんなそうだと思います。言わないだけで。
千葉麗子は芸能界を引退してIT企業の社長になり、今何してるのかと思ったら、ヨガのインストラクターもやってるみたいです。


NHKまる得マガジン『千葉麗子と始めるヨーガ』【DVD】
NHKまる得マガジン『千葉麗子と始めるヨーガ』【DVD】


「菊池桃子は男説」「安達祐実25歳説(小学生当時)」に比べると、少々陰湿な感のあるこの宮崎あおい語録。
以前は口コミで伝わっていたものが、今やネットで一瞬にして日本全国に広まりますから、ガセであっても結構な破壊力があります。
「宮崎あおいって性格悪いらしいよ」と書いてあれば素直に信じる少年少女も多いでしょう。

とはいえ外野としては、語録が本当であってくれた方が面白いのですが。
特に「中学生の女に金払って云々」はなかなか言えるセリフではないですよ。
もしこれが本当だったら、一生宮崎あおいについていきます。


この写真はかなり可愛いですね。
初恋〜三億円事件の犯人は女子高生だった〜
初恋〜三億円事件の犯人は女子高生だった〜

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19892711
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。