2006年07月03日

松嶋菜々子のななこなでしこ

芸能人には「ブレイクの瞬間」というのがあります。
ある時期を境に、一気に知名度や人気が上がるときがあるのです。

松嶋菜々子のブレイクの瞬間は、マックスファクターの「ななこなでしこ」のCMが流れたときでした。
それまでにもNHKの朝ドラ「ひまわり」などのドラマやCMに出演していましたが、このときほどはっきりと彼女のキャラクターを打ち出したことはなかったと思います。
「ななこなでしこ」は化粧品のキャッチコピーである以上に、女優・松嶋菜々子にとって最高のキャッチコピーとなったのでした。

松嶋菜々子といえば「とんねるずのみなさんのおかげです」のナナ隊員として相当なヨゴレ仕事をこなしたわけですが(「オナラじゃないのよ。空気が入っただけ」とかいうやつですね)、放送コードに引っかかりそうなセリフを恥らうことなく堂々と言ってのけたプロ根性には並々ならぬものがありました。
演技の上手い下手ではなく、当時から「演じる」才能があったことは確かなようです。


記者会見などでもにこやかな表情を決して崩さず、ボロを出さない彼女ですが、ニンテンドーDSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」や「New スーパーマリオブラザーズ」のCMはちょっと見ていてヒヤヒヤします。
「子供のようにはしゃぐ自然体な松嶋菜々子」という設定自体、非常に危険度が高いからです。

子供のように無邪気にはしゃぎながらも一定の線は越えない松嶋菜々子。
しかしその踏みとどまり方はかなりギリギリです。
これは松嶋菜々子本人の問題というより、CMの作り手の問題かもしれません。
「松嶋菜々子とDS」という取り合わせの意外性だけで押そうとしたことに無理があったと思います。


とはいえ、結婚・出産を経てもいまだ安泰の彼女。
今のところ特に競合相手も見当たりませんし、休んでいたぶん価値が上がった感じさえします。
心配なのはビジュアル面の劣化と夫くらいでしょうか。
個人的には、家の中でどういう会話をしているのか想像がつかない夫婦1です。


言いたいこともいえないこんな世の中じゃ…
POISON−movie mix
POISON

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。