2006年06月28日

AKB48に未来はあるか?

AKB48。
ずっと「アキバよんじゅうはち」だと思ってましたが、「エーケービーフォーティーエイト」だそうです。

プロデュースは秋元康。振り付けは夏まゆみ。
「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原48劇場で毎日公演を行っています。

つまり「おニャン子クラブ」+「モーニング娘。」+「東京パフォーマンスドール」?
モー娘凋落のスキをつき、露骨にターゲットを絞った戦略で一山当ててやろうということですかね。


その昔、「女の子が集団でいると可愛く見える」というマジックによって成立していたおニャン子クラブ。
その素人の女の子たちがアイドルになっていく様を見せていたのが「夕やけニャンニャン」でした。
しかし、このときのおニャン子クラブは素人集団であり、それ以上になり得なかったために飽きられるのも早かった気がします。

その後登場したモーニング娘。は、「モーニングコーヒー」一発で消えるかと思いきや、あれよあれよというまに国民的アイドルグループへと上りつめました。
第二のおニャン子クラブと言われたりもしましたが、彼女たちはプロのエンターテイナーであり、おニャン子クラブとはまったく違う存在であったと思います。
すでに過去形で話しているところが少々物悲しいですが。


そして今回のAKB48。
いくら素人集団とはいえテレビの中の存在だったおニャン子クラブを、手の届くところまで近づけたというところでしょうか。
公式サイトを見ても、ずば抜けた美人がいるわけでもなく、クラスのちょっと可愛い子を集めた感じです。
全員素人の女の子ということですが、それはどうでしょうねぇ。

デビュー曲の「AKB48/桜のはなびらたち」、最近CMで流れていた「スカート、ひらり」、どちらも80年代風王道のアイドルポップス。
「桜〜」は癒し系ソング、「スカート〜」の方は制服・ミニスカ・パンチラ(ブルチラ?)と、なかなかツボを押さえた作りになっています。


将来のメジャーデビューを目指すという彼女たち。
しかしこの子たちの魅力は「会いに行ける」ところにあるわけで、もともとのコンセプトからして矛盾を含んでいるわけです。(もちろん意図してのことでしょうが)
晴れてメジャーデビューとなったとき、「手の届かないところに行ってしまった」と離れるファンもいそうです。
AKB48が「過程を楽しむ」アイドルであることは間違いないですが、うまく巣立って行った後の彼女たちの運命が気になるところです。

密着! AKB48写真集(vol.1)

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

2006年06月27日

上戸彩は平成の山口百恵ではない

横顔がきれいな女性に贈られる「第12回E−ライン・ビューティフル大賞」(日本成人矯正歯科学会主催)に上戸彩が選ばれたそうです。


 上戸彩/愛のために。


上戸彩の横顔…きれいでしたっけ?
歯が全部外に向かって生えてた気がするんですけど、治したのかな?
歯の裏側に矯正装置をつけてるという話も聞いたことありますが、それで今回の受賞なんでしょうか。
「きれいな横顔のために歯の矯正をしましょう」っていう賞ですからね。

まあ歯の話はいいとして、問題は上戸彩のキャラ設定についてです。
上戸彩が一般に認知されたのは、「3年B組金八先生第6シリーズ」の鶴本直役でした。
性同一性障害に悩む15歳という難しい役どころを、彼女はうまく演じていたと思います。
ほとんど笑わないクールな役柄が彼女の中性的な魅力を引き出していました。

が、その後、制汗スプレー「8×4(エイトフォー)」のCMでイメージが一変。
チアガールか何かの妙に明るいアイドル路線で、最初から最後まで笑顔全開。前歯全開。ワキ全開。
「えっ、これが直?」とびっくりさせられたものでした。

上戸彩は山口百恵に似ています。
金八先生時代は、無口で反抗的な役柄もあり、そっくりと言ってもいいくらいの似具合でした。
当然その路線を踏襲するものと思いきや、突然の8×4。
大物の予感はあっけなく崩れ去りました。

その後の上戸彩の動向を見るに、金八は演技でCMの方が地だったみたいですね。
パンダの着ぐるみを着てもまったく違和感がないところまで持っていったのはある意味すごいかもしれません。

でも、やっぱり山口百恵路線で行った方がよかったと思うんですが。
競合も少ないし、低視聴率女王と言われることもなかったでしょう。
スポ根やったりリメイクやったり、出るドラマ出るドラマ「月曜ドラマランド」みたいになっちゃってます。
上戸彩はアイドルとしてでなく、最初から女優として売り出すべきでした。



「上戸彩で有名な着ぐるみ。めっちゃ売れてます」だそうです。
顔出し着ぐるみ トコトコパンダ
顔出し着ぐるみ トコトコパンダ

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

2006年06月15日

松浦亜弥が4代目スケバン刑事に

類いまれなるプロ根性で完璧なアイドルを演じてきた松浦亜弥。
「アイドル・あやや」から脱皮しようとしたものの、どうにもうまくいかずに迷走中です。
髪型を変えたり曲調を変えたり大胆な衣装を着たりと試行錯誤していますが、高校に入って彼氏ができた妹が突然色気づいて化粧を始めたみたいな違和感が拭えません。

飽きられる前に路線変更しようとしたのでしょうが、元が正統派優等生アイドルだっただけに、少々唐突過ぎた感があります。
脱アイドルを目指すなら、無理に大人の女を演出せず同性受けするナチュラル路線に行った方がよかったと思います。


その松浦亜弥が4代目スケバン刑事を演じるとは、ますます迷走ぶりが顕著ですね。
かつてアイドルの登竜門だったスケバン刑事を今さら彼女がやる意味がわかりません。
年齢的にもキャリア的にも範疇外だと思うのですが。
脱アイドルはどこへ?

しかも決めゼリフはこれです。


「てめえら、全員ヤキ入れんぞ!」


摩邪コングですか?

ずいぶん語呂の悪いセリフですね。
まあ、見どころは斉藤由貴が母親役というところでしょうか。
初代スケバン刑事当時はなかなか可愛かったです。

 この商品は送料無料です。 斉藤由貴/スケバン刑事(1)



アイドルから女優へ、というのは一番無難なパターンですが、その行き先がスケバン刑事では…。
NHKの朝ドラなんかぴったりだったと思うのですが、すでに時期を逸してしまったのが惜しまれるところです。
アイドル不在時代の孤高のアイドル・あややは、今後どのような道を進んでいくのでしょうか。


  4年前              現在
松浦亜弥 美・少女日記 II -DVD-〔送料無料キャンペーン中〕●松浦亜弥“「砂を噛むように・・・NAMIDA」シングルV”DVD(2006/2/9以降入荷予定)

その他のニュースはニュースblogランキングへ

50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。